肝炎やがんの特効薬として話題のインターフェロンですが、漢方薬と併用するとダメだという噂ですが、実際のところ、その噂は本当なのでしょうか。気になったので、インターネットを使って調べてみたところ、すべての漢方薬が危険なわけではなく、小柴胡湯という漢方薬とインターフェロンを併用するといけないそうです。具体的には、インターフェロンを利用しC型肝炎治療をしている時に、小柴胡湯を併用していた患者の約6割が間質性肺炎を併発したと報告されています。インターフェロンと小柴胡湯の因果関係はまだ解明されていないそうですが、重篤な副作用が起こる危険があるため、最低でもインターフェロン治療を行う数ヶ月前から、小柴胡湯の服用を停止しておく必要があるそうです。

関連ページ